Robot & Motion Sanmei 株式会社三明 会社概要
Sanmeiがいるから、ロボットが動く。工場のFAから、医療ロボット、イカ釣り機まで
Sanmeiは、あらゆるコトの「自動化」を支えています。 三明 会社概要
事業内容 グループ製品・産業用/生産自動化の電機製品・ロボット・自動制御装置・モーター制御・そして、小型から大型までの機械装置・超精密分野ナノテクノロジーの製品等の開発、設計、生産、販売の総合メーカー。
㈱安川電機の静岡唯一の代理店。
設立 1928年4月20日
資本金 2,000万円
売上高 150億円  グループ全体 230億円(2021年3月実績)
従業員数 120名  グループ全体 330名
代表者 代表取締役会長 内藤 義之
代表取締役社長 笠井 茂
本社所在地 静岡県静岡市清水区松原町6番16号
事業所 本社/静岡市
支店/東京、西東京、中部、大阪
営業所/神奈川、沼津、北関東、山形、浜松、名古屋、北陸、長野、八戸
工事部/富士市
関連会社 三明機工株式会社、三明電子産業株式会社
山銘(上海)機電貿易有限公司(中国)、SIAM SANMEI Co.,Ltd.(タイ)
戦略・ビジョン 【隠れていた国内需要を掘り起こし会社の体力をさらに強化】
半導体、車、液晶パネル、太陽電池生産技術、そしてタッチパネル製造ライン業界を5本の柱とし、「どの分野が伸び、どのような技術が必要とされていくのか」と常に先を読んで国内外の製造業界に挑んできました。その姿勢はこれからも変わりません。また現在はターゲットを広げ、国内でも需要の見込める化粧品、食品、薬品の「3品業界」への進出も始めており、今後は積極的に進めていく方針です。3品業界は自動車製造などに比べ自動化はまだまだ。スピード化やコスト削減など、お客様にとって魅力的な技術を提案できる分野です。今までの5本柱に3品業界を加え、どれかの柱に問題が起きてもゆらぐことのない強い会社を目指しています。